読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きみがすき

天使の粉をちょちょ~って

魔法の粉をちょちょ~って*ଘ(੭*ˊᵕˋ)੭* ੈ✩‧₊˚

成人式で久しぶりに会ったトラジャメンバーに軽率に恋に落ちたかった話。

妄想

 

こんにちは!春です!

先週は成人式でしたね~!
新成人の皆さん、おめでとうございます。
私も参加して見事!貰っちゃいました(^_-)-☆
so ☆ イ ン フ ル エ ン ザ ♡
インフルエンザってこんなしんどかった??
39.4度まで熱は上がるわ
初日~2日目くらいなに食べても体が受け付けないわ
冷えピタ貼っても貼っても剥がれるわ…
おまけに行くはずだったアイランドも行けなくなるわ
既にとってた新幹線も夜行バスもキャンセルしたからお金引かれるわ
お友達にもしめくんにもトラジャにも会えないわ
でもう 最悪
って感じでした。
皆さんもインフルエンザ、かからないように気を付けてお過ごしください(>_<)
手洗い、うがい、気を確かに持つこと
これが大切ですよ(嘘

 

さてさて今回はインフルエンザについて書くんじゃないんです!(笑)

題して!


『成人式で久しぶりに会ったトラジャメンバーに軽率に恋に落ちたかった話』
です。(※今回は年上組しか出てきません)

 

f:id:ptt_smkn:20170116191214j:plain

 

川島如恵留の場合
のえるくんは中高一貫の私立だから市(地元)の成人式じゃなくて学校の方の成人式行くんだよね
自分もその私立出身だからそっちの成人式に参加するんだけど
「新成人代表…川島如恵留!!」
壇上に上がってスピーチしてる…
ザワつく会場。
え、なにあのイケメン…
誰々?
ほらあれだよ!中2のとき生徒会してたじゃん!
スピーチするのえるくん凛々しすぎ…

式も終わって一緒に写真撮りたいな~って思うんだけど川島くんの周りは人がいっぱいで。
あぁこりゃ無理かな、って離れようとしたときに
『あっ!!まって!!〇〇(名字)さん!』
「え、、?」
後ろから名前呼ばれて振り向くと、人混みかき分けて走ってくる川島くん
『ごめんね、呼び止めたりして』
「い、いえ全然…!」
緊張で声震えると思う、川島くん眩しすぎて。
『違ってたら悪いんだけど、中学のときチア部やってたよね?』
「あっ、、はい」(やってたテイね)
『あ~よかった!俺ね、生徒会室からよく見てたんだ~いつもニコニコ踊る〇〇さんのファンだったんだ!それをどうしても今日伝えたくて…来てくれてよかった!』
超笑顔(1000000カンデラくらい)

*1
ま、まぶしいぃぃぃ…まって、えっ、それって、、、

って考えてるうちに
『じゃあね』
って去っていくんだよね
こっちはもう完全に堕ちてるわ。

 


仲田拡輝の場合
ヒロキくんとは小学校の同級生で、同じクラスになることが多かったからだいぶ話す方。
成人式のあと小学校で集まってタイムカプセル開けよーぜー
なんてグルチャが更新されて。
ヒ[うぇ~い](やりたかっただけ)

 

集合場所に行くと一番乗りで。
早く誰か来ないかな~って思ってたら黒のブルゾン着てるひとが走ってくる
ん、んん?あれもしかして
「ひ、ヒロキ…?」
『あっ!!〇〇(名前)!?』
「背、伸びたね!小学生のときは一緒くらいだったのに」
『だろ?毎食牛乳飲んでたから(ドヤ』
「あはは絶対うそ!」
『嘘じゃね~てかお前が縮んだんじゃね?ww』
って頭にぽんって手置かれたい
「ヒ、ヒロキにバカにされるなんて屈辱~!」
って言い返すんだけど内心ドキドキだよね
まってヒロキってこんな綺麗な横顔してた?(ドキドキ
みたいな。
そのあと掘り出したタイムカプセルの中の作文に
[ずーっとヒロキと仲良しでいること!!!]
とか隅にちっちゃく書いてあって1人で赤面したい

 


森田美勇人の場合
バスケ部の森田くんとは接点は無いけど、自分の友達がバスケ部のマネしてたから、
みゅうとくんがクラス来て
『ねぇマネージャーいる?』
って声かけられた記憶があるくらい。
昔はちょっとガラ悪そうだな、、って思ってたけど
あれ、、?なんだかとても人懐っこそうな笑顔…本当に森田くん…?(言い過ぎ)
「ねぇ〇〇バスケ部のところ1人じゃ行きにくいから一緒に来て!」
って友達に頼まれて付いていくんだよね
『うぉっ!マネージャーじゃん!っくした~(びっくりした~)!!!』
「久しぶり~!またデカくなったね!?」
なんて楽しそうな親友と森田くん
「じゃあ撮るね~」
ってカメラ構えたら
『え!○○ちゃんも入ってよ!』
って森田くんに言われるんだよね
えっ、なんで私の名前…(いや名前くらい知ってるかな)
結局謎の3ショットが出来上がる。(笑)
親友が入っててもとりあえず家宝にするわ()
成人式終わってから
森[今日はありがと~]
ってlineで画像送られてきて
[こちらこそ!]
って返したら
森[もし良かったらなんだけど…今度どこか出かけない?]
って来てあたふたしたい


七五三掛龍也の場合
成人式のあとの3次会くらいで出会いたい
パリピな()しめくんは色んなところに顔出してるから少し遅れてくるんだけど
しめくんが入ってきたらざわつく居酒屋
「え誰」
『俺だって俺、しめ(笑)』(笑顔かっこいい好き)
「「「えーっ!?」」」
お前ドクロはどうした!?
編み込みしてないの!?
ゴツゴツのネックレスは!?
とか質問攻めされそう。
『俺はね、大人になったの』
とか言って隣に座ってほしい(席あけとくね♡)
『何飲んでるの?』
って小首傾げ+優しい声で聞かれただけで恋に落ちた。
はいしゅーりょー(早)


吉澤閑也の場合
閑也くんとは幼なじみ。
こんな住宅街の道路を挟んでお向かいさん。

f:id:ptt_smkn:20170116191632j:plain


成人式へ向かう時間も同じくらいだろうから

朝ばったり会う。
「お、おはよ」
『はよ』
振袖見ても特にコメントをくれるわけでもない
「あら吉澤さ~ん!」
ってお母さん同士仲良しだから息子娘より盛り上がっちゃうやつ
「ほらあんたら早く行かないと遅れるわよ!」
「閑也、スーツ汚してくるんじゃないよ!」
『うっせぇ!!』(反抗期こじらせてる)

成り行きで2人で会場に向かって歩くんだけど、前日の夜に降った雪が道路に積もってて。
「ねぇねぇ閑也!雪!綺麗だよねぇ!」
って思わずはしゃいで小走りになっちゃって
コケそうになったところを―――
ガシッ
と後ろから支えてくれる
『ったくあぶねーなぁ、子供じゃないんだから』
「ば、馬鹿にしないでよ!」
もう男らしい閑也くんに惚れたよね
『…昔みたいに 手 繋いでやろうか?』
ってイジワルそうな笑顔で聞いてくるんだけど
「け、結構ですっ」
って断っちゃうんだよね照れくさいから

ああああ絶対的幼馴染み枠吉澤閑也!!!

しばらくそのまま無言で歩いてるんだけど
しばらくした時に手繋いできて欲しい
「ちょっいいってば」
って離そうとしたら
『俺が繋ぎたいの』
って言ってぎゅって握ってて欲しい。
とかいいながら会場に近付いたらぱって手離す閑也くんずるーーーーーーーい(号泣


~ fin ~ (?)

すごいね、ただのドリ小…(笑)
いやもういつものことなんだけど。
長くなってしまった、、、
そろそろレポートしないとやばいので
ドロンします(古)
ではまた次の更新で(^_^)ノ

*1:輝度:カンデラ(単位:cd/㎡)輝度とは、照射面を別のある方向から見た時にどれだけ明るく見えるかを表す値になります。言葉の通り、輝きやまぶしさを表す数値です。