読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きみがすき

天使の粉をちょちょ~って

魔法の粉をちょちょ~って*ଘ(੭*ˊᵕˋ)੭* ੈ✩‧₊˚

TravisJapanソートの後日談

 

 

みなさんこんばんは~!
桜が満開ですね!もうお花見はしましたか?
私はトラジャ宴会隊長 七五三掛くんからの連絡を待っているところです♡(たぶん何億年待っても来ない)

 

さてさて!昨日の夜
高校生TravisJapanソート
なるものを製作しました~!わ~!

(もしお時間ある方いらっしゃいましたらソートしてみて下さい♪♪)

 

今回のブログは、このソートに書ききれなかったトラジャ達を項目ごとに書いていこうと思います。
たぶん長くなると思うので、時間がある時に読むことをおすすめします(^_^)

 

 

①席が後ろの七五三掛くんに『〇〇さん髪サラサラだね』と触られる
はいしんだーーーーーーーー
これはですね新学期、クラス替えで初めて一緒になった七五三掛くんに触られるんですね。(言い方)
どんな顔して触ってんだろう?って思うんだけど恥ずかしすぎて後ろ向けないよね
よし今日からヘアケアするぞ()

 

②仲田先輩に『おはよ、寝癖ついてるよ』と頭をポンとされる
部活が一緒の仲田先輩。たまたま下駄箱で会ったときに言われます。
「仲田先輩!!??お、おはようございます…」
こういう好きな先輩に会うときに限って寝癖のまま来ちゃうんですよね。あーわかる。(何も言ってない)
教室行くと同時に
「ちょっとー!花ちゃん(友達)!!仲田先輩に会っちゃった!😭寝癖で!もう最悪!」
ってヘアアレンジが得意な花ちゃん(初登場)に泣きつくよね。

 

③あまり話したことのない顕嵐くんに『ねぇ委員一緒にやらない?』と廊下で声をかけられる
この文でポイントになるのは〝話したことない阿部くんに人気の少ない廊下で〟ってところですね。
春によくある(?)「次の時間委員決めるからお前ら友達と話し合っとけよー」ってやつですね。
トイレ行って、戻ろうとしたら阿部くんがこっちに向かってきて。そのまま通り過ぎようとした時にこのセリフ。
『ねぇ委員一緒にやらない?』
「え、、い、いいけど?」
このとき死ぬほど気になるでしょうけど「どうして私なの?」なんて言っちゃダメです。
『よかった~じゃあ図書委員とかどう?楽そうじゃない?』
ってニヤリと笑う阿部くん。
そのあとの委員決めで挙手する前にアイコンタクトしてくる阿部顕嵐げきつょ

 

④買いすぎたパンを海人くんにあげたら『ありがとう!〇〇さん大好き!』と笑顔で言われる
友達の分も頼まれて購買へ。[対象商品2つで10%OFF]のパネルが。こういうのに弱いんですよね。(知るか)
うーん、友達2人分のと私のと…1ペア余っちゃうなぁ、、まあいっか!
ということでパンを4つ買いました。
そのままクラスへ帰ると
『あらーんお菓子ちょうだーい』
と阿部くんの机の前に仔犬のような目をした中村くんがいました。
さああなたはどうしますか?
▷パンをひとつあげる
そうです大正解。
「中村くん、これ買いすぎちゃったからあげる」
と焼きそばパンを渡しました。
すると花が咲いたような笑顔で
『えっ!!いいの!?やったぁ!〇〇さん大好き!』
ああ天性のヒモ…同級生すら誑かす可愛さ…
翌日に昨日のお返し!とチョコを渡してくるのも忘れないあたりしっかりしてる。

 

⑤閑也くんに『これ〇〇に似てたからあげる』とブサカワなストラップを渡される
登校して席で本を読んでると、小さなストラップが目の前に置かれた。
?と顔を上げると朝練終わりの閑也くん(幼なじみ)が。
「なにこれ」
『お前に似てたからあげる』
「ありがとう…ってなにこれ可愛くない」
イメージとしては眉毛の太いフレンチブルドッグが超不服そうな顔をしてるストラップです(想像力をフル回転させて下さい)
『そう?俺は好きなんだけどwww』
って笑いをこらえきれず話す閑也くん。説得力皆無です。
「なめてるの?」
『まぁそんな怒んなって、じゃ』
といって立ち去る閑也くんなのでした。
なによこれ、、、と思いつつ鞄につける貴女も可愛い!

 

⑥席替えしたら宮近くんが隣。実はクジを代えてもらっていたという話を後日聞く
クラスにも馴染んできた7月頃。(3回目くらいの席替えがベストです)
前の席替えに引き続き隣が宮近くん。
「また隣だね、よろしくね」
『これって運命だったりする?』
一見真剣そうですが、運命って時に変な決め顔かましてくるので笑わずにはいられません
「あはは宮近くん面白いな~」
席替えから3日後の掃除時間、男子たちのこんな会話が聞こえてきた。
「お前いいよな~一番後ろの席!」
「俺元々3列目だったんだけど、宮近に代わってくれって言われて。アイツ一番後ろ持ってたから喜んで代わったんだ~」
「お前ツいてんな~」
…えっ、、、なんで…?
ってなる。

 

⑦下校時知らない他校男子に声をかけられて困っていると『すいません、コイツ俺のなんで』と連れ出す朝日くん
「君かわいいね、ねぇこれからどっか遊びに行かない?」
見知らぬ男の子達に声をかけられて早5分。下校して行く生徒たちは見て見ぬ振りをして通り過ぎていく
「すいません、ほんと急いでるんで…」
「え~ねぇちょっとだけだからさ、ね?」
もう無理だ、と思ったその瞬間
『すいません、コイツ俺のなんで』
と力強い声と力で引っ張り出してくれた。
そして耳元で『急ぎ足で。あのコンビニまでこのままでいて』と。
『…ここまできたら大丈夫だな』
「あ、あの」
『わーっごめん!』
と繋いだままだった手をパッと離した
『じゃあ俺はここで。気をつけて帰れよ!』
と走り去っていく…
後日の球技大会でやたら大きな声で応援してる人をみかけた。梶山という人だと知る。(ここから始まる壮大な前振り)

 

⑧『一緒に行こ?』と誕生日の日付指定のテーマパークのチケットを如恵留くんに渡される
これってもう付き合ってますよね?じゃないと誕生日にディズニー誘いませんよ?
如恵留くんはシーよりランドのイメージ。ただプーさんのハニーハントに並んでる如恵留くんが見たい。

 

⑨『勝った方が〇〇さんと帰れる』と勝手にかじんちゅの賭けの賞品にされる
『〇〇さん一緒に帰ろ~』と中村くん
「あ、ごめん私部活…」
『海人やめろよ〇〇さんが嫌がってるだろ、今日は俺と帰るって約束してたから!』
「あ、あの、、」
『は?そんなの聞いてないしそもそもカジはクラス違うじゃん。わざわざ来るとかストーカーですか?』
『…わかった、公平にジャンケンだ』
『おーおー望むところだ1回勝負な』
わたし部活あるから一緒には帰れない、とは言い出せずにジャンケンが始まります。
(このやりとりほぼ毎日行われます、大変ですね)

 

⑩遅刻して走っていると『乗った方が早いよ、ほら』と止まる美勇人くん
やばいやばい!と通学路を軽く走っていると、後ろからチリンチリンと音がした。
?と振り向くとバスケ部のエースと名高い森田くんが。
「お、おはよっ」←息上がってる
『おはよ。時間やばくない?(笑)』
「そう、なの!森田くんも急がなきゃ…」
『乗った方が早いよ、ほら』
隣でブレーキをかけて森田くんが止まった。
「え、いや、、でも私重たいし…」
『何言ってんの(笑)』
ほら早く、と催促するように荷台をポンポンと叩く森田くん
でも、、と躊躇っていると
『あーもうっ、俺が乗せたいから言ってんの!』
私のひょいっと肩にかけていた鞄を前のカゴに放り込んだ
『ほら、乗らないと俺が鞄持ってっちゃうよ?』
超強引
たまにはこんな森田くんもいいね。
たぶん言いながら耳真っ赤だけど。(笑)

 

⑪「宮近は頼りになるね」と言うと『もし俺が好きって言ったらどうする?』と真剣な顔で言われる
廊下でプリントぶちまけちゃって拾ってたら、クラスのムードメーカー宮近くんが駆け寄ってきてくれて。
「宮近は頼りになるね、ありがとう」
って言ったら、いつものふざけた表情じゃない真剣な顔で
『もし俺が好きって言ったらどうする?』
って言うの。驚きで何も言えずにいると
『…悪い。忘れて』
ってプリント積んで行っちゃうんです…
「…まって!!」
さああなたはどうしますか?(2回目)
▷「私も好きだ」という
そうです大正解。
宮近くんおめでとう…やっとクラスのなんか仲いい男子から一線越えたね…!

 

⑫『これ付けてたら試合勝てんの』と昔あげたお守りを付け続けてる閑也くん
下校していると少し先に見慣れたリュックが。
…ん?リュックに付いてるのは私があげたお守り!?え!?あげたの小学生の時なんだけど…
と思いつつ「よっ」と声をかけた。
「今日は部活休みなの?」
『おん、コーチ出張でいないから』
「そっかぁ、、、あのさ、そのお守りって私があげたやつ?」
『そうだけど?』
「まだ持っててくれたんだね~ボロボロじゃん(笑)」
『これ付けてたら試合勝てんの』
ズッキュンきません!?
そんな素直に褒めて(?)もらえると思ってなかったから
「わ、私のおかげだね!」
なんて早口で言いますかわいい
『あ、そうだ。なんか食べに行かね?』
「いいね!なに食べに行こっか~」
部活ばっかりで放課後こういうのしたくてもできないんだっていう閑也くん推せる

 

⑬休日カフェに行くと如恵留くんが。『あ、〇〇さんもテスト勉強?奇遇だね俺も~』と手を振られる
テスト前を控えた土曜日、地元から少し離れた図書館へ。その後見つけた雰囲気の良さそうな小さなカフェで勉強することに。
カフェラテを注文して空席を探していると、こちらに手を振る人が。
『〇〇さ~ん!』
あ、あれは学年トップ常連の川島如恵留くん…!
勉強していた手を止めて、こちらに来ました。
『〇〇さんもテスト勉強?』
「うん、まぁそんなところ…」
『俺のとこ席空いてるから座って?』
椅子に置いていた荷物をどけてスペースをあけてくれました。優しい。
このあと2人で勉強するんですよね。
如恵留くんにノートのぞき込まれて
『うわめっちゃ綺麗だね!さすが女の子って感じ!』
「いやいや如恵留くんこそいつも成績よくってすごいよね」
『うーん、ありがとう?(笑)』
照れくさいのか疑問形で少し首を傾げる如恵留くんなのでした。

ちゃんちゃん♪♪
おしまい♡


いや終われねぇよ!?
いつも以上のドリ小…
新生活に疲れてる皆様を少しでも癒せたらいいなと思います。
長々と失礼いたしました。
今年度もこの方針で参りますので、お付き合いよろしくお願いします。

ばいばい。