読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きみがすき

天使の粉をちょちょ~って

魔法の粉をちょちょ~って*ଘ(੭*ˊᵕˋ)੭* ੈ✩‧₊˚

TravisJapanソートの後日談

 

 

みなさんこんばんは~!
桜が満開ですね!もうお花見はしましたか?
私はトラジャ宴会隊長 七五三掛くんからの連絡を待っているところです♡(たぶん何億年待っても来ない)

 

さてさて!昨日の夜
高校生TravisJapanソート
なるものを製作しました~!わ~!

(もしお時間ある方いらっしゃいましたらソートしてみて下さい♪♪)

 

今回のブログは、このソートに書ききれなかったトラジャ達を項目ごとに書いていこうと思います。
たぶん長くなると思うので、時間がある時に読むことをおすすめします(^_^)

 

 

①席が後ろの七五三掛くんに『〇〇さん髪サラサラだね』と触られる
はいしんだーーーーーーーー
これはですね新学期、クラス替えで初めて一緒になった七五三掛くんに触られるんですね。(言い方)
どんな顔して触ってんだろう?って思うんだけど恥ずかしすぎて後ろ向けないよね
よし今日からヘアケアするぞ()

 

②仲田先輩に『おはよ、寝癖ついてるよ』と頭をポンとされる
部活が一緒の仲田先輩。たまたま下駄箱で会ったときに言われます。
「仲田先輩!!??お、おはようございます…」
こういう好きな先輩に会うときに限って寝癖のまま来ちゃうんですよね。あーわかる。(何も言ってない)
教室行くと同時に
「ちょっとー!花ちゃん(友達)!!仲田先輩に会っちゃった!😭寝癖で!もう最悪!」
ってヘアアレンジが得意な花ちゃん(初登場)に泣きつくよね。

 

③あまり話したことのない顕嵐くんに『ねぇ委員一緒にやらない?』と廊下で声をかけられる
この文でポイントになるのは〝話したことない阿部くんに人気の少ない廊下で〟ってところですね。
春によくある(?)「次の時間委員決めるからお前ら友達と話し合っとけよー」ってやつですね。
トイレ行って、戻ろうとしたら阿部くんがこっちに向かってきて。そのまま通り過ぎようとした時にこのセリフ。
『ねぇ委員一緒にやらない?』
「え、、い、いいけど?」
このとき死ぬほど気になるでしょうけど「どうして私なの?」なんて言っちゃダメです。
『よかった~じゃあ図書委員とかどう?楽そうじゃない?』
ってニヤリと笑う阿部くん。
そのあとの委員決めで挙手する前にアイコンタクトしてくる阿部顕嵐げきつょ

 

④買いすぎたパンを海人くんにあげたら『ありがとう!〇〇さん大好き!』と笑顔で言われる
友達の分も頼まれて購買へ。[対象商品2つで10%OFF]のパネルが。こういうのに弱いんですよね。(知るか)
うーん、友達2人分のと私のと…1ペア余っちゃうなぁ、、まあいっか!
ということでパンを4つ買いました。
そのままクラスへ帰ると
『あらーんお菓子ちょうだーい』
と阿部くんの机の前に仔犬のような目をした中村くんがいました。
さああなたはどうしますか?
▷パンをひとつあげる
そうです大正解。
「中村くん、これ買いすぎちゃったからあげる」
と焼きそばパンを渡しました。
すると花が咲いたような笑顔で
『えっ!!いいの!?やったぁ!〇〇さん大好き!』
ああ天性のヒモ…同級生すら誑かす可愛さ…
翌日に昨日のお返し!とチョコを渡してくるのも忘れないあたりしっかりしてる。

 

⑤閑也くんに『これ〇〇に似てたからあげる』とブサカワなストラップを渡される
登校して席で本を読んでると、小さなストラップが目の前に置かれた。
?と顔を上げると朝練終わりの閑也くん(幼なじみ)が。
「なにこれ」
『お前に似てたからあげる』
「ありがとう…ってなにこれ可愛くない」
イメージとしては眉毛の太いフレンチブルドッグが超不服そうな顔をしてるストラップです(想像力をフル回転させて下さい)
『そう?俺は好きなんだけどwww』
って笑いをこらえきれず話す閑也くん。説得力皆無です。
「なめてるの?」
『まぁそんな怒んなって、じゃ』
といって立ち去る閑也くんなのでした。
なによこれ、、、と思いつつ鞄につける貴女も可愛い!

 

⑥席替えしたら宮近くんが隣。実はクジを代えてもらっていたという話を後日聞く
クラスにも馴染んできた7月頃。(3回目くらいの席替えがベストです)
前の席替えに引き続き隣が宮近くん。
「また隣だね、よろしくね」
『これって運命だったりする?』
一見真剣そうですが、運命って時に変な決め顔かましてくるので笑わずにはいられません
「あはは宮近くん面白いな~」
席替えから3日後の掃除時間、男子たちのこんな会話が聞こえてきた。
「お前いいよな~一番後ろの席!」
「俺元々3列目だったんだけど、宮近に代わってくれって言われて。アイツ一番後ろ持ってたから喜んで代わったんだ~」
「お前ツいてんな~」
…えっ、、、なんで…?
ってなる。

 

⑦下校時知らない他校男子に声をかけられて困っていると『すいません、コイツ俺のなんで』と連れ出す朝日くん
「君かわいいね、ねぇこれからどっか遊びに行かない?」
見知らぬ男の子達に声をかけられて早5分。下校して行く生徒たちは見て見ぬ振りをして通り過ぎていく
「すいません、ほんと急いでるんで…」
「え~ねぇちょっとだけだからさ、ね?」
もう無理だ、と思ったその瞬間
『すいません、コイツ俺のなんで』
と力強い声と力で引っ張り出してくれた。
そして耳元で『急ぎ足で。あのコンビニまでこのままでいて』と。
『…ここまできたら大丈夫だな』
「あ、あの」
『わーっごめん!』
と繋いだままだった手をパッと離した
『じゃあ俺はここで。気をつけて帰れよ!』
と走り去っていく…
後日の球技大会でやたら大きな声で応援してる人をみかけた。梶山という人だと知る。(ここから始まる壮大な前振り)

 

⑧『一緒に行こ?』と誕生日の日付指定のテーマパークのチケットを如恵留くんに渡される
これってもう付き合ってますよね?じゃないと誕生日にディズニー誘いませんよ?
如恵留くんはシーよりランドのイメージ。ただプーさんのハニーハントに並んでる如恵留くんが見たい。

 

⑨『勝った方が〇〇さんと帰れる』と勝手にかじんちゅの賭けの賞品にされる
『〇〇さん一緒に帰ろ~』と中村くん
「あ、ごめん私部活…」
『海人やめろよ〇〇さんが嫌がってるだろ、今日は俺と帰るって約束してたから!』
「あ、あの、、」
『は?そんなの聞いてないしそもそもカジはクラス違うじゃん。わざわざ来るとかストーカーですか?』
『…わかった、公平にジャンケンだ』
『おーおー望むところだ1回勝負な』
わたし部活あるから一緒には帰れない、とは言い出せずにジャンケンが始まります。
(このやりとりほぼ毎日行われます、大変ですね)

 

⑩遅刻して走っていると『乗った方が早いよ、ほら』と止まる美勇人くん
やばいやばい!と通学路を軽く走っていると、後ろからチリンチリンと音がした。
?と振り向くとバスケ部のエースと名高い森田くんが。
「お、おはよっ」←息上がってる
『おはよ。時間やばくない?(笑)』
「そう、なの!森田くんも急がなきゃ…」
『乗った方が早いよ、ほら』
隣でブレーキをかけて森田くんが止まった。
「え、いや、、でも私重たいし…」
『何言ってんの(笑)』
ほら早く、と催促するように荷台をポンポンと叩く森田くん
でも、、と躊躇っていると
『あーもうっ、俺が乗せたいから言ってんの!』
私のひょいっと肩にかけていた鞄を前のカゴに放り込んだ
『ほら、乗らないと俺が鞄持ってっちゃうよ?』
超強引
たまにはこんな森田くんもいいね。
たぶん言いながら耳真っ赤だけど。(笑)

 

⑪「宮近は頼りになるね」と言うと『もし俺が好きって言ったらどうする?』と真剣な顔で言われる
廊下でプリントぶちまけちゃって拾ってたら、クラスのムードメーカー宮近くんが駆け寄ってきてくれて。
「宮近は頼りになるね、ありがとう」
って言ったら、いつものふざけた表情じゃない真剣な顔で
『もし俺が好きって言ったらどうする?』
って言うの。驚きで何も言えずにいると
『…悪い。忘れて』
ってプリント積んで行っちゃうんです…
「…まって!!」
さああなたはどうしますか?(2回目)
▷「私も好きだ」という
そうです大正解。
宮近くんおめでとう…やっとクラスのなんか仲いい男子から一線越えたね…!

 

⑫『これ付けてたら試合勝てんの』と昔あげたお守りを付け続けてる閑也くん
下校していると少し先に見慣れたリュックが。
…ん?リュックに付いてるのは私があげたお守り!?え!?あげたの小学生の時なんだけど…
と思いつつ「よっ」と声をかけた。
「今日は部活休みなの?」
『おん、コーチ出張でいないから』
「そっかぁ、、、あのさ、そのお守りって私があげたやつ?」
『そうだけど?』
「まだ持っててくれたんだね~ボロボロじゃん(笑)」
『これ付けてたら試合勝てんの』
ズッキュンきません!?
そんな素直に褒めて(?)もらえると思ってなかったから
「わ、私のおかげだね!」
なんて早口で言いますかわいい
『あ、そうだ。なんか食べに行かね?』
「いいね!なに食べに行こっか~」
部活ばっかりで放課後こういうのしたくてもできないんだっていう閑也くん推せる

 

⑬休日カフェに行くと如恵留くんが。『あ、〇〇さんもテスト勉強?奇遇だね俺も~』と手を振られる
テスト前を控えた土曜日、地元から少し離れた図書館へ。その後見つけた雰囲気の良さそうな小さなカフェで勉強することに。
カフェラテを注文して空席を探していると、こちらに手を振る人が。
『〇〇さ~ん!』
あ、あれは学年トップ常連の川島如恵留くん…!
勉強していた手を止めて、こちらに来ました。
『〇〇さんもテスト勉強?』
「うん、まぁそんなところ…」
『俺のとこ席空いてるから座って?』
椅子に置いていた荷物をどけてスペースをあけてくれました。優しい。
このあと2人で勉強するんですよね。
如恵留くんにノートのぞき込まれて
『うわめっちゃ綺麗だね!さすが女の子って感じ!』
「いやいや如恵留くんこそいつも成績よくってすごいよね」
『うーん、ありがとう?(笑)』
照れくさいのか疑問形で少し首を傾げる如恵留くんなのでした。

ちゃんちゃん♪♪
おしまい♡


いや終われねぇよ!?
いつも以上のドリ小…
新生活に疲れてる皆様を少しでも癒せたらいいなと思います。
長々と失礼いたしました。
今年度もこの方針で参りますので、お付き合いよろしくお願いします。

ばいばい。

 

 

 

チャイルドマインダーTravis Japan

 

こ~んにちは~っ!


いきなりですが、みなさん。
チャイルドマインダー嵐*1ご存知ですか?

 

私あの企画好きだったんですが、ある日ふと思いました。

 

 

うん。ツイートの量がすごい。

今回は3人1組で依頼してみました。ちなみにまとまりが皆無。

 

仲田拡輝&阿部顕嵐&宮近海斗×だいきくん(3)

だいきくんは遊び盛りのやんちゃな男の子。
はじめは人見知りしちゃってママの足の後ろに隠れてます(左手に仮面ライダーのフィギュア)
宮『だいきくん、はじめまして~僕達ね、今日だいきくんお兄ちゃんになるんだ~よろしくね~』
膝おって、だいきくんの目線に合わせて、ゆっくり話す宮近くん
阿『いやお兄ちゃんは違うでしょ。嘘はダメでしょ』
女優帽を優雅にかぶった顕嵐くんが余計な一言を言います。
宮『しっ!そういうことはいいの!』
人差し指を口にあててしーーってポーズする宮近くん。
「…(ふいっ)」
ぶすーっとした顔でそっぽを向くだいきくん。これは前途多難そうです。

お母さんもお仕事に向かって、本格的に4人の時間。
宮『よ~しっ!だいきくん、何して遊ぼっか?』
積極的に距離を縮めようとする宮近くん。
がんばれ。
阿『最近の子供ってなにして遊ぶのかな~?』
「…」
1人で仮面ライダーを戦わせてるだいきくん。なかなか心を開いてくれません。
仲『あっ、そうだ』
といって仲田くんが取り出したのは携帯。
なにやら動画を検索してるようです。
仲『ほら!だいきくんの好きな仮面ライダー!お兄ちゃんと一緒に見よ?』
だいきくんの隣に寝転んで動画を再生し始めました。
「…(ちらっ)」
おや?だいきくんが興味を示し始めました。
仲『あーあーっ、やられちゃう…!だいきくん!仮面ライダーやられちゃうよ…!』
だいきくんの足をトントンと叩きます。すると
「だ、だいじょうぶだもん、かめんらいだーはまけないもん!」
と、だいきくんも携帯をのぞきこんできました。
阿『だいきくんはどの仮面ライダーが一番好きなの?』
と顕嵐くんとたたみかけます。
「んーとね、おれはね、、」
っと話し始めただいきくん。いい感じ。
その後は仲良く仮面ライダーごっこします。
「らいだーきーっく!!!」
って飛び蹴りされて
仲『ぐはぁっ~や、やられた、、、』
ってもうてんやわんやしちゃって。
お昼ごはんの準備してる宮近くんが
宮『ちょっとバタバタ暴れないで!』
とキッチンから叫びます。
「ひろきよぇ~はははっ」
ってだいきくんもすっかりヒロキくんに懐いた様子。
阿『宮近~お皿これでいい?』
料理をするわけでもヒーローごっこをするわけでもない顕嵐くんなのでした。

 

川島如恵留&森田美勇人&中村海人×ひめちゃん(1)

海『はじめまして~ひめちゃん?かわいいね~』
森『ちっちゃ…かわいい…』
軽く感動してる美勇人くん。心持ち小声になってます。
「ままぁ、、、」
しかしひめちゃんはママの抱っこから離れそうにありません。これは強敵そうです。
如『ひめちゃんおいで』
ママからひめちゃんを預かろうとしたのえるくんですが
「ままぁ!!!」
って泣き出しちゃってもう大変。
如『わ~ごめんね、ごめんね?』
ってとりあえず頭なでなでするのえるくん。
海『のえるくんが泣かした~(笑)』
如『んもう!そんなこと言わないで!』
相変わらずママの腕から手を離さないひめちゃんですが…大丈夫なんでしょうか…

ママもお仕事へ向かっていよいよ4人だけの空間。
ひめちゃんは相変わらず玄関を見つめて「ままぁ、、、」とつぶやいています。
海『ひめちゃ~ん、ひ~めちゃ~ん』
小さなぬいぐるみを持って、海くんが話しかけます。
「まま、、、、、」
海『見て、ほらひめちゃん!うさぎさん!かわいいね~』
ぬいぐるみを上下に動かしてみますが、ひめちゃんはぼーっと見つめるだけ。
海『ねー無理なんだけど!』
のえみゅにSOSを出す海くん。
森『ったく、しょーがないなぁ』
美勇人くんにバトンタッチです。
森『ひめちゃ~ん、よし、おいでっ』
座り込んでたひめちゃんを抱き上げた美勇人くん、なかなかサマになってます。(小声でうわっ、うおっとか言っていますが気にしません。)
森『おれみゅうとって言うの、よろしくね、みゅうと』
「…みゅ~…?」
森『そうそう!超かわいい!!』
あひゃひゃと楽しそうな美勇人くん。
海『美勇人くんだけずるい!』
海くんも横から顔を出してアピールをしています。
海『うみ!俺ね、うみだよ~』
「…ゆみ…」
う が上手く言えないひめちゃんかわいい。
如『のえるだよ~』
お兄ちゃん3人に一気に攻めよられてポカンとしてるひめちゃんでした。

 

 七五三掛龍也&吉澤閑也&梶山朝日×あいちゃん&ゆいちゃん(2)(双子)

七『よろしくお願いします』
この3人緊張してそうですね、とりあえずお母さんにご丁寧な挨拶して。
閑『えーっと、、あいちゃんと、ゆいちゃん?』
そっくりなので見分けがつかなくて困惑ぎみの閑也くん。
「すいません、少し背が高い方がゆいです」
閑『あっ、はい、、わかりました、、(いや背一緒だよ…)』
そうですね、きっと数mmしか変わりません。
梶『よーし!お兄ちゃんと一緒に遊ぼ~っ!』
ゆいちゃんを抱き上げて、わーって部屋に入っていく朝日くん。なんだか絵になります。
取り残されちゃったあいちゃんが閑也くんのシャツのすそ引っ張って見上げてるのかわいい。
閑『あ、行こうね』
なかば引っ張られるように入っていきました。
七『僕達に任してください!』
にっこり微笑んだ七五三掛くんですが、今のところ何もしていません。(こら)
「よろしくお願いします。あの、これ…」

七『さーて、なにしよっか?』
「「おままごと~!」」
七『いいよ~。あ、その前に髪の毛縛ろうか』
とおもむろにイチゴのついたゴムとリンゴのついたゴムを取り出しました。
朝『え!しめそんなの持ち歩いてるの!?』
七『ううん、さっきお母さんに渡された。あいちゃんおいで』
あぐらかいたしめくんの足にちょこんと座るあいちゃん。天使と天使の絵です。かわいい。
七『…はい、できたよ』
少しぐしゃっとはしていますが、一つにまとまった髪の毛にちょこんとイチゴがついています。
同じようにゆいちゃんの髪の毛もくくり終え
七『イチゴがあいちゃんで、リンゴがゆいちゃん!これで間違わないね』
朝『お母さんすげぇ』
梶山くん、お母さんはゴム付けなくても見分けられますよ。
このあと5人でおままごとするんですけど、朝日くんは犬とかいう不当な配役にされて欲しい。
朝『噛み付くぞ~っ!』
「「きゃ~っ」」
きゃっきゃと楽しそうに走り回るあいちゃんゆいちゃん。あれ?おままごとってこんな運動するあそびでしたっけ?
閑『そんな走り回るなら公園行かない?』
という閑也くんの提案で近くの公園へ。
川沿いの土手を歩く時に

朝 ゆ あ 閑 龍
日 い い 也 也

って並びで手繋いでてほしい。
公園で遊び疲れて、帰り道は閑也くんがあいちゃんをおんぶしてるカットがほしい。(閑也くんの背中で寝ちゃってるあいちゃんも可愛い)

 

 

さて。全グループまとまりがない妄想となりましたが如何でしたか?
とりあえず子供と絡むアイドルの絵面を私にください…
絶対かわいいから…
よし今だ!Travis Japanでロケ行こう!!!


ばいばい

 

ps.私事ですが、先日誕生日を迎えました。やっと20歳です。

早生まれのプロフェッショナルと言われるほど誕生日が遅いので、あと2週間後には中村海人くんが20歳になるなんて信じられません。(笑)

お祝いしてくれたお友達のみなさん。本当にありがとうございました。

*1:チャイルドマインダー嵐とは、ひみつのアラシちゃん!内で放送された(2008年)嵐が2人1組でペアを組んで、芸能人のお子さんを1日子守りしよう!といった企画

Jr祭りとマリウスを見納めしてきた話。

 

ど~も~!こんにちは!

今回はですね…タイトルの通りですよ…
私の春が終わりました…
遡ること、先週の金、土、日。
私は人生の春を謳歌しておりました。(大げさ)

金曜日は横アリで祭りに参加
土曜日は10時から祭りに参加→マリウス観劇
日曜日はマリウス観劇

あ〜これぞまさに幸せの過剰摂取

ここからは日記形式で感想やらを。(ネタバレ含みますので嫌な方はクローズで…)

 

3.24(金)
新幹線で田舎から東京へ。
富士山を車内から拝もうとするものの、友達とLINEしていたら知らない間に通過。(なんてこった)
ネットで
新幹線 富士山 タイミング
って調べてたのに!(笑)
自分馬鹿すぎません???とまぁどうでもいいんですけど。


東京へ着き、連番する友達と待ち合わせ。
美容院で髪を整え、サイゼでご飯を食べ(細すぎ)、横アリへ。


会場に入ったら、いつもとセットの組み方が違いすぎて戸惑いMAX
360°のアリーナステージって初めて入った。けども狭く感じました…なんでだろう?

しめくんが居るのか不安で心配で、、
がしかし
トラジャが出てきた瞬間…
い、いるじゃないか…!しかもセンターに(号泣)
センターだけひときわちっちゃry 輝いてる男の子!そう!七五三掛龍也だ!!!!
もう泣きそうになったというか、言葉にならなかったです。
ふわああああしめくんんんんんんんんん
鳥肌。
みたいな感じです。
情熱の一夜とか胸熱すぎ…
トラジャ担のための選曲だなぁ、って思ったら嬉しすぎて。あとあの踊りセクシーで好き。

トラジャ so Crazy
トラジャは優馬くんの so Crazy を歌うんですけど、神聖すぎて…神々しすぎて…
特に最後の方、のえみゅがセンステで向き合って歌うところ、横アリが静かに震えてました。
キャー!!!!!!!!
っていう感じでは無かった。
美しすぎたね、うん、そうだ。
横アリのスクリーン、あの美しいお顔によく耐えたな…!って思いました。
のえるくんの金髪が貴公子すぎてただの貴公子(語彙力)てか鼻高いね?さすがおじいちゃんがハーフなだけあるね?
しめくんは、重心低めダンスで魅せてくれました。なめらかだった~…


か ら の スパノバ
やばい死んだ。目の前で見れると思ってなかったから死んだ。
少クラでは閑也くんのことガン見してたけど、この日はしてなかった。ちぇ。ちょっと期待したのにな。
ダンスが揃いすぎてて、トラジャの威圧感がすごかったです。帝王。

良い意味で圧がすごい


その後(順番あやふやです)の自己紹介コーナーも可愛かった…
「祭りといえば?」
おみこし!わたあめ!わたがし!
しめ『花火でしょ』
うんうん一緒に行こうね(号泣)
おみこし!ワッショイワッショイって答えた閑也くんがただの応援屋だったし、さすが土台Jrだと思ったよね。
時間切れでちゃかちゃんとか言えなかったけど、、時間短すぎだわあほ(口が悪い)
なんなら曲削っていいからMCコーナー長くして?
自己紹介で、トラジャの番が来るまで座っておしゃべりしてるトラジャちゃん可愛い。他のグループの方見て盛り上げてるトラジャちゃん可愛い。


山手線外回りTravis Japan
車掌さんのかっこしてるトラジャ、
可愛い以外の意見あります?ないですね
センステ(アリーナAブロ)の下から出てくるんですけど、ビックリしすぎて声が出なかったです(笑)
私の隣にいた吉澤担のお友達、文字通り膝から崩れ落ちてました(笑)
いや本当に笑ったしビックリしました。コンサートで友達の手首引っ張ったの初めてです。
あとタキツバコンを思い出してついつい踊ってしまった…
ちびジュと電車ごっこするしめくんかわい…


ラブトラコーナー
まぁそうなるよね。美勇人くんお疲れ様。
ほらまたここでもガッシガシのダンス。
圧がすごい(2回目)
しかも what's your name? これまたトラジャ担のための選曲
これ確かスーツのお衣装だったんですけど、襟元スッてする振り付けかっこよすぎな?
揃いすぎな?トラジャ…誇りでしかないよ…
残念ながら、しめくんは出演無しでした。そりゃそうかマリウスやってリハ参加出来ないもんね。本当にお疲れ様です。大阪で揃ったトラジャに会えるのがとても楽しみ。

からの Fantastic ride
いいね~すごく好き。アレンジも加わっててすごく良かった。

 

とここまで書いて気付いたんですけど、まだ1日目ですよね、これ。
3日間のことを書きたいんですけど…(笑)

よしここからはパパっと行こう。


3.25(土)
祭り→マリウスはしご
祭りに入って思ったこと。朝10時から声出すのはしんどい!!!(笑)
アイドル側もしんどくない?そうでしょ?(笑)

だから若いとはいえ1日3公演も考えものだなって思いました。(笑)


トラジャ自己紹介コーナーは、
『僕達が名前を言うんで、みなさんも呼んでくださーい!』
っていうC&R
アイドルのお手本かな?お?トラジャ出木杉君だな?
宮近くんは宮近って呼ばせてた。ちゃかちゃん!でいいのにね。(?)
今日ものえるです!
あぁのえるってる…
卒業おめでとうございます!
その後のグループ(どこか忘れた)もこの名前呼びC&Rさせてました~
先陣きってやるトラジャかっこいいしかないです。
この日のスパノバのしめくんパートは、閑也くんが歌ってくれてました!
ソロで抜かれた時の閑也くん輝いてました。

 

 

午後には日生劇場に移動してマリウス。
久しぶりのプティくんは初日から変わらず可愛らしい…!
でもソロパートは、本当に上手くなってた。なんか上から目線で申し訳ないけど、
声の張りっていうのかな?が力強くなってました。遠くまで響いていく感じ。
あと演者さんと仲良くなったからかなぁ、演技の中でアイコンタクトもしてたし
カテコでも絡んでたりしてとても微笑ましい。


あと山田洋次監督を拝見しました。
実は初日にもお見かけしていたので2回目。(笑)
心の中で『ありがとうございます、七五三掛くんがお世話になりました。』と言っておきました。

 


3.26(日)
この日初めてGC階に入りました…!
前に人の頭がないって何て見やすいんだろう…と感動しました。足元に荷物も置けるし素敵。
何が素敵って後からでもチケットが買える松竹さんのWebが素敵すぎ。(しかも席見ながら買える)
こういうのが利用できるのも外部舞台ならでは、ですよね…。

 

何回見ても瀧本美織ちゃんかわいい。
歌声がとっても澄んでいて、ファニーの愛らしい人柄が滲み出てる。
マリウスのお父さん役(セザール)の柄本明さんの演技が、初日よりアドリブ3割増くらいで本当に見てて飽きない。
やっぱり舞台は毎日違って楽しいなって思いました。
もう何回も観たマリウスなんですけど、また号泣してました。

 

街を捨てて船乗りになったマリウスから、手紙が届いて、それをファニーが読み上げる
っていうシーンがあるんですけど、
「拝啓、、」
『なぁにが拝啓だ!気取りやがって!!!ただの船乗りが!』
ってセザールが言うんです(笑)
こんな感じで1文読む事にセザールがつっこむからなかなか進まないんですけど、
そのシーンで1番印象に残っているのが
「お父さん、ご心配おかけしてすみませんでした」
『それなんだよ!!心配!おかけして!すいませんでした!それなんだよ!』
というところです。
本当に息子のことを思ってるセザールさんの切実な心の叫びが胸に響きました。
『俺がどれだけ心配して…毎晩毎晩…』
って言ってたところに号泣しました。
息子を想う父の心情が。
自分も親に心配かけてるのかなぁ、とかぼーっと思ったりもしましたし。
バイトばっかりしてちゃ駄目だな、とも思いました。(マリウス見ながら思うことではない)


ふぅ。なんとかまとまったかな?(まとまってはいない)

 

七五三掛くん、翼くん、その他マリウスの出演者のみなさん、
お疲れ様でした。とても素敵な舞台でした、ありがとうございます。
またどこかでしめくんが起用してもらえますように。

祭りは欲を言えば、TravisJapanの出番をもっと増やして欲しかった…
いや欲しい!大阪は増やしてくださいお願いします!!!( ;o; )

 

 

さ。5月まで何を楽しみに生きようか。

 

 

f:id:ptt_smkn:20170328193200j:plain

Travis Japanがお花見をしたら

 


ど~も~!お久しぶりです~!
年中鼻水がち(?)だから、
この鼻水が花粉によるものなのか、ただの鼻炎なのかわからなくって困っている春です!

春ですね!春といえば…?

\\\お花見~~~!!!///

そうです!みなさんありがとうございます。
春といえばお花見ですよね!
ぽかぽか陽気の中、桜の木の下でワイワイワイワイ…あぁなんて日本らしい画。

ということでトラジャみんなでお花見するなら…という妄そ…ゴホン、記事です。
みなさんもお花見気分でサクっと読んで下さいo(^_^)oではいってみよ~

 

 


am10:00 (場所取り組)
場所取り係は宮近くんと顕嵐くん。
宮『うお~!桜超きれ~!!!てかちらほら埋まってんね!俺らも急ご!』
って今にも駆け出しそうな宮近くん。
顕『宮近どこまでいくのー?入り口から近い方で良くない?』
宮『違うの!俺昨日の夜調べてたんだけど、この奥がベスポジなんだって』
とブルーシートを抱えて歩いていく2人。

なんとか場所取りも終了。9人分となるとなかなかの広範囲です。
宮『あらーん、ちょっとそっち抑えて…っておい!そのお菓子みんなの分だから!まだ食べんなって!』
顕『え?そうなの?』
ブルーシートのど真ん中に座って、宮近くんが持ってきたお菓子をつまみ食いしてる顕嵐くん。自由人すぎる。
宮『よし!いましめに連絡した!あっちもそろそろ来ると思うよ~』

 

 

 

am10:00 (買い出し組)
ひろしめが乗った車が、美勇人くんをお迎えに。がしかし、まだ用意ができてない様子…
龍『ちょっと連絡してみる』

 

しめ[まだ?もう家の前なんだけど]
美勇人[まって、服決まらない]
しめ[なんでもいいから早く]

 

なんてやりとりがあって10分後、ドタバタと出てきました。
森「お待たせ!ごめん遅くなった!」
龍『おせーよ(笑)』
仲『寝癖ついてる(笑)』
森『えっ!!嘘!!!どこ!!!』
バックミラーを見て焦りまくる美勇人くん。
仲『うそで~す』
運転席からバックミラー越しに美勇人くん見て笑うヒロキくんがリアコすぎてしんどい…
森『嘘かよ!!!(笑)』
なんてワイワイしながら出発。
龍『あ、宮近から場所取りできたって。何か買ってく?』
仲『あ〜そうだな~じゃあどっか寄ってから行く?』
龍『あ、のえるから連絡きた』

 

如恵留[おはよ~(ハリネズミのスタンプ)
お菓子たくさん買いすぎちゃった!]
-如恵留が画像を送信しました-

 

森『あはははは!!いややばい!これ多すぎでしょ!誰が食べんの!』
ぎゃははと笑っている美勇人くん。
仲『さすが如恵留だな~(笑)』
龍『これ追加いる?(笑)』
仲『飲み物だけでいっか~』

 

しめ[買いすぎ(笑)飲み物買った?]
如恵留[飲み物は重くて買ってない(><)]
しめ[了解]

 

なんとなくだけど、如恵留くんはお菓子がパンパンに入った袋を持って電車で合流してほしいんです。
そして会ってから
『周りにすっごい見られちゃって恥ずかしかった~!』
とか女子っぽいことを言ってほしい。

 

 

 

am11:30
龍『おまたせ~!』
飲み物を買い足したひろしめみゅ組がやってきました。
宮『おはよ~ってすげぇ大荷物!(笑)』
森『しめがあれもこれもって入れたの!』
仲『しかも支払いほぼ俺だからね?』
龍『あったら飲むんだって!マジで!』
仲『…あれ?朝日と海人は?』
顕『まだ寝てるんじゃね?』
あ~ありえるね、なんてちらほら言われる始末。かじんちゅしっかり。
龍『閑也は?』
宮『いまコップとか皿とか買いに行ってくれてる』
トラジャってお菓子とかジュースは買いすぎなくらい買ってきそうだけど、肝心のコップとかお手拭きとか持ってくるの忘れそう。そのあたりをカバーしてくれる閑也くんっょぃ。

 

しめ[いまどこ?]
海人[今起きた]

 

龍『海人いま起きたって(笑)』
皆『えーっ!』
如『朝日は?』

 

しめ[いまどこ?]
朝日[逆にどこ?]

 

顕『まじかよ(笑)』
宮『俺ちょっと行ってくる』
よっこいせ、と立ち上がった宮近くん優し…

…ん?向こうから歩いてくるのは…?スーパーの袋をさげた閑也くんと朝日くんではありませんか!
閑『向こうで朝日に会った』
梶『閑也がいてほんと助かったわ~!』

 

 

 

am12:00
もう始める~?なんて言いながらジュースを並べていると

海人[もう着くから!待ってて!]

と連絡が来たのでしばし待つことに。
その後、海人くんも揃ったので

『『『カンパーーーイ!』』』

 

 

 

 


…なにこの出演量の差。(笑)

 

とりあえず海くんが寝坊する確率は99.9%だと思ってるんで~
あと顕嵐くんが準備中の宮近くんを横目にお菓子を食べる 絵も浮かびました。
なにより車を出してくれるヒロキくんがリアコすぎてしんどい…!
ちょっと遠いんですけど、その辺で1番安いパーキングに止めるちゃっかりさん!(涙)
このあと夕方くらいまで食べて喋ってしてるんですけど、
『お腹すいたんだけどマック行かない?』
って海くんが言い出して、テイクアウトしに行ったところをヲタクに目撃されてそうです。
如恵留くんはスタバの春商品をマイタンブラーに入れてきそうだし、ロイヤルすぎます。
なのに、みんなに『1口ちょうだい!』『俺も飲みたい!』って取られてほぼ無くなりそう。
お花見したあと、メンバーがしめくんの家に行って二次会だ~!とか言いそう。そんな入らないかな?とりあえず誰が転がり込むとは思いますけど。☜


いいな~Travisお花見Japan。
閑也くんが端っこでちびちび日本酒とか飲んでたら最高かな。おちょこに桜の花びらとか浮かんでて。
あれ?お酒強いのかな?閑也くんって酔ったら普段以上に無口になりそう。

あ~Travis Japanってまだ未成年いるのか。(笑)というか半分未成年か。(笑)

未来が楽しみだ。(どんな終わり方だよ)


ばいばい。

 

『マリウス』(初日)を見てきた話。

 

こんばんは!春です!

2017年3月6日…音楽劇『マリウス』開幕しました…!(;_;)
僭越ながら初日行かせていただきましたので、今日はその感想をつらつらと書きたいと思います!

ネタバレも含みますけど、基本的にしめくんのレポ。(笑)
しめくんしか見てなかったです。
読みやすいように箇条書きです(幕間に慌ててメモったので箇条書きなんだって言えよ)

 

 

・了解って時に言う『あいあいさー!』が可愛すぎ(劇中に2回言う)
・『みんな橋の方がいいってさっ』(1幕出てきた時)って基本語尾が «っ» 付いてる
・マリウスが乗った船見送るとき飛んでる可愛い
・しめくんのソロ曲(曲名はわかりません)バラードでしっとり歌う感じ。サラッと言うけど耳から妊娠するから(
・お前にいい縁談とりつけてやるからな、という船長に対して
『捨て子の俺を育ててくれた、命の恩人なんだ!賃金が安くても我慢して働いてるんだ!』
って言うプティくん出来すぎくんすぎて涙
・船長とマリウスのお父さんに、好きな娘の話された時
両手で口をおおって照れる→両手で顔をおおってモジモジする
↑可愛すぎ(悶
・結局その花売りの娘と上手くいったのか、手を繋いではける。それ以降ずっと腰に手当てエスコートしてる。惚れた。と同時に湧き上がる花売りの娘への殺意(やめなさい)
・『まっるしょ~』って歌うしめくん天使の歌声かわいい
・最後のカテコのとき、翼くんがフラメンコをするんだけど、決めポーズを同じタイミングでするしめくん。隣にいた共演者さんがびっくりしてた→笑いあう(かわいい)
手を叩いて、足でリズムとって、プティくんじゃなくてしめくんだった。

 

 


ここまで一息なんですけど、皆さんついてこれてますか?

あとしめくんの外見のまとめとしては、
フライヤーみたいにクルクルではなくて、普通にいつも通りのしめくんの髪型。
少し髪色明るくなったかな?くらい。
演技をしてるとき本当に楽しそうで、目がキラキラしてました。

プティ(14)って感じだったから無邪気さもとてもかわいかった


あとはマリウスお父さん役の柄本さんのセンスが抜群で、話す度に笑いが起こってて、
とても暖かい舞台だなと思いました。

ファニー(美織ちゃん)の一途な思いがとっても素敵だし、そもそも美織ちゃん可愛い…『私のこと好きでしょ?』ってたずねる所は可愛かったのに
『あなたの幸せが私の幸せだから!』ってマリウスを送り出すところは大人びた芯の強い女性、って感じでした。
肌も透き通ってたよ…そりゃそうか…女優さんだもんな…


感想も、話もいったりきたりしました。申し訳ないです…
とてもまとめきれないけれど、これだけは言わせて?

 

プティくん可愛い

f:id:ptt_smkn:20170306235123j:plain

ばいばい。

 

 

川島如恵留とじいや

 

こんにちは!

外に出る度くしゃみが止まらない春です!いぇい!目も痒い!もしかして(花粉)
さてさて今日のスズナさんは~?
のえるくんのお話!ずっとのえるくん!むしろのえるくん!
とりあえず読んでいただけば分かります。
では、始まります。

 

唐突だけどのえるくんには専属の執事さんがいます。
なかなかのご高齢なので通称 爺や(じいや)
今日は過保護なじいやと、のえるくんのお話をしたいと思います。

 

じいやとのえるくんの出逢いは1996年、のえるくんが2歳の頃。
元々務めた会社のリストラにあってしまったじいやを拾ってくれたのがのえるパパ。じいやはこの時、川島家に一生ついて行こうと誓いました。
じいやが川島家に招かれ、命じられた仕事はのえるくんの専属執事。

じいやは猛勉強に猛勉強をかさね、数々の資格を取ったりします。

(ガッチガチのものから、え?それいる?というものまで)

 

 

幼少期ののえるくんってやんちゃそう。普通に公園で泥だらけになって遊んでお父さん(バスローブ×ワイン)に軽く叱られてそう。

じいやとかくれんぼしてて
「のえるさま~~!どこにいらっしゃるのですか~~!!」(cv:じいや)
絶対ドカンの中で三角座りしてるのえるくん。じいやも5回もすれば場所覚えちゃうんだけど、そこは分からないふりをするのが執事たるもの。
「のえるさま~~じいは降参いたしますぞ~出てきてくだされ~」
って叫べばおしまいの合図。
『ははっ、全く、じいやは弱いなぁ!また僕の勝ちじゃないか!』
って楽しそうに笑うのえるくん(5)可愛すぎか。


のえるくんがジャニーズに入ってお仕事するようになったときから、じいやは強火のえる担。毎日現場に通いつめます。
『もう!毎日来なくていいってば!』
って照れるのえるくん(14)
「そうは行きませぬ。川島家の執事たるもののえるさまのご勇姿を見届けねば…」
とかうんたらかんたら言うけど、のえるくんのことが好きで心配で仕方ないだけです、はい。
プレゾンも毎日通ってたし、サマステだって行きました。
のえるくんがセンターを張る日はいつもより気合いの入ったスーツを着ます。そして涙しながら心のなかで叫びます。
「のえるさま~~~!!!!!」

 

 


TravisJapanのメンバーには挨拶済み。
度々菓子折りを持って現れるじいや。
「いつものえるさまがお世話になっております、こちら川島家の傘下でございます〇〇の洋菓子詰め合わせでございます」
「え!すげー!このお店ってのえるくん家がやってんの!?」(cv:宮近海斗)
「俺これめっちゃ好き!」(cv:中村海人)
『もう!やめてよ恥ずかしいから!』
「まあまあまあ、いつもありがとうございます~」(cv:仲田拡輝)
ってやりとり10回はしてると思う。
ジャニーズの楽屋に黒スーツの執事がいるのはなかなか異色な光景なんだけど、もはや見慣れる共演者たち。
ほかのジュニアに「あ!じいやさんだ!」って物珍しそうに声かけられてそう。

「いつものえるさまがお世話になっております…」って律儀に挨拶返すじいや好感度しかない。

 

 

 

のえるくんが4泊5日で自転車で明石まで行ったっていう有名なエピソードあるんですけど、どうやって東京まで帰ってきたと思いますか?
もちろん、じいやが迎えに行きましたロールスロイスで。むしろ先回りしてじいや待ってそう。
「のえるさま、お疲れ様でございました」
『え!?なんでいるの!?』
「僭越ながらお父様より日程表を拝見させて頂きまして、馳せ参じた次第でございます。さぁのえるさま帰りましょう」
ロールスロイスに自転車が積めるのか問題は置いといて、
『…ったく、じいやにはかなわないな(笑)』
って笑うのえるくん(19)
なんやかんやで仲良しな2人癒されます。


じいやのホーム画面は幼少期ののえるくんです。
LINEのアイコンはぐみさん(情報が漏れた時にバレないよう)でホーム画面はのえるくんの後ろ姿です(ただののえる担)


のえるくんがいるところにじいやあり。

 

(すべて私の妄想でお送りしましたが、川島家に執事さん絶対いると思うから、のえるくんそろそろエピ落としてください)

お付き合いありがとうございました。(笑)

追記:この爺やのお話を思いついたのは、Twitterのタグに寄せられたコメントからでした。
『のえるくんに似合うお菓子はなんですか?』
という質問に対して、私は思いました。

「のえるくんって、じいやが焼いたクッキーとじいやが入れた紅茶飲んでそう…」

と。そして膨らました結果がコレでした。
それから菓子折りエピは私の片割れのアイデアです!ありがとう天才!


じいや~現場被ったら挨拶させて~!!!

 

 

おしまい。

 

 


ヒロキくん、6年半お疲れ様でした。
私がTravisJapanを知ったのは最近のことだけど、そんな私にも分かるくらい
誰よりもメンバーを見てたヒロキくん、そんなメンバーにたくさん愛されてるヒロキくん、素敵でした。
ヒロキくんのこと大好きなしめくん、寂しい思いしてないかな。これからも連絡取り続けてね。ひろしめ。
どこにいても、何をしていても、ヒロキくんがTravisJapanに居たことは変わらないです。新しい道で頑張ってください。
自分が忘れない限りTravisJapanは9人だと思っています。
それぞれの道で頑張ってる仲間がいる。
その気持ちで残ったメンバーは頑張って欲しいし、しっかりTravisJapanを守っていって欲しいです。
私のようなちっぽけなファンに出来ることは何ひとつ無いかもしれないけど、応援しています。
何人になってもTravisJapanはTravisJapanです!踏ん張ろうね!頑張ろうね!よろしくね!!!

 

おしまい。

理想の幼なじみはTravisJapanにいた話

 

 

はーいこんにちは~!

最近ここのトークをどうにか上手くまとめたいと考えている春です!どうも!

今回はTwitterで投票していただいて…

(圧倒的)多数の声をいただきました
『幼なじみTravisJapan9選』
を書きたいと思いまーす!(拍手)

幼なじみっていいよね、大好き!!!
夢しかないよ!

もう言わなくても分かると思いますが、ここから下はただのドリ(以下略


はいではいってみましょう!

 

川島如恵留と幼なじみだとしたら
のえるくんとの出会いは近所の公園
ひとりぼっちで砂場にお絵かきしてるのえるくん(5)を見かけた
「ねーいっしょにあそぼ!」
『…えっ、ぼくにいってるの?』
この時は川島財閥のご子息なんて知らずに…
「おなまえなんていうのー?」
『ぼくのえる!』
「のえるくんって言うんだ!かわったなまえだね!わたしは〇〇っていうのーよろしくね!」
これが出会いで、その後もこの公園で何度も顔を合わせるんだよね
そこから話すようになって仲良くなるの。もちろん学校は違うんだけど。


「のえる~このマンガ好きだったよね?最新刊出てたから持って来ようか?」
『え!ほんとに!?まだ読んでないから読みたい…んだけど、これから父親の仕事に付き合ってパリ行かなきゃなんだよね、、』
徐々に開いていくのえるくんとの距離を薄々感じる私(17)
「そ、そっか。じゃあ仕方ないね。頑張って!のえるなら大丈夫だよ!」
って背中バンバン叩いて
『痛い痛い!もう!〇〇!…でもありがと』
って微笑まれる、そんな関係になりたかった。
のえるくんに片思いしてるんだけど、身分違いの恋、みたいな感じで言い出せなくて。
でも20歳の誕生日に
『〇〇に話したいことがあるんだけど会えない?』
「ごめん。その日は用事あって…」
『何時でもいいから会いたい!お願い!』
って電話が来て、夜23時くらいにいつもの公園で待ち合わせ。
『懐かしいねー!ここの砂場で遊んでる時に〇〇が話しかけてくれたんだよ!俺すっごい嬉しくてさ~』
楽しそうに昔の話を始めたのえるくんなんだけど、しばらくすると黙って空を見上げてる。
「のえる?どうしたの…?」
『婚約させられるかもしれない』
と、寂しそうな笑顔で振り返ってほしい
「えっ!!!!???」
政略結婚って…何時代…(そこ
『でも俺は、〇〇のことが、ずっと好きだったよ。もちろん今も』
「わ、私も好きだよ!のえるのこと!」
『…ありがとう。最後にさ、抱きしめていい?』


月が綺麗ですね!!!!!死んでもいいわ!!!!!(今言う?)
あ〜悲しいな。このあと2人で駆け落ちとかするのかな。うん、そうしよ。☜

 

 

仲田拡輝と幼なじみだとしたら
文化祭控えた日
「あ〜画用紙とラメのモールが足りない!」
なんて声がクラスメイトからあがって。
「えーっ、画用紙はともかくとして、モールは隣町まで行かなきゃ量買えないよ?…明日私行ってくるよ」
「いいの?明日土曜日だけど、、」
「無くなったなら仕方ないよ。私文化祭委員だし。月曜日に貼りつければ間に合うよね~?」
と話していると
『俺も行くよ、13時に駅集合な』
「えっヒロキも来てくれるの?」
『俺も委員だから(笑)』
(元から幼なじみが心配で委員に立候補したヒロキくん推せる)
-翌日-
「ヒロキおまたせ~っ」
駅でヒロキと会うと制服とは雰囲気の違ったヒロキがいて。
『今来たとこ。…なんか〇〇の私服久しぶりで変な感じ。似合ってるね、その服』
「あ、ありがと。ヒロキもかっこいいよ」
『俺はいつでもかっこいいからな~何着ても似合っちゃうんだよな~』
「あはは(笑)そういうところはいつも通りだ(笑)」
無事ラメのモールも買えて、帰ろうかとなった時
『クレープ食べて帰らない?』
「うん、いいけど。ヒロキ甘い物苦手じゃなかった?」
『俺はいいの、とにかく行くぞ~』
はい、これと手渡されたクレープ
「えっこれヒロキのだよ?」
『あげる』
「あっじゃあお金渡すね、ちょっと待って…」
『いらないいらない!ほら、早く受け取って?』
「…じゃあ、、遠慮なく…」
しばらくクレープを食べていると
『懐かしいな。ここのクレープ屋さん、昔は駄菓子屋だったのに』
「あ〜…言われてみれば、そうだったね。よく二人で電車乗って買いに来てたよね(笑)」
『そうそう、お前が高確率で切符無くすから駅員さんに顔覚えられてさ~』
「もう!そんな昔の話はいいから…」
『あの頃から危なっかしくて、ほっとけないんだよな』
「…さすがにもう切符無くさないよ、子供じゃないんだから」
『…そんな急いで大人にならなくていいのに』
「なにそれ(笑)変なヒロキ~!…帰ろっか、そろそろ」
『…なあ今度また来ない?』
「買い出し?」
『ばーーーか。次はデートだよ』
「は!?ちょ、ヒロキそれってどういう…」
『ほら帰るぞ~』
「待って待って…!!」

ちょっと天然な幼なじみと、兄のような包容力で接するヒロキくん
ばーーーか ってところで優しいデコピンするの(ヒロキくん×デコピン=正義)
ちなみに正式な告白は文化祭の打ち上げでご飯食べに行った帰り道で!

 

 

森田美勇人と幼なじみだとしたら
「〇〇と森田くんって幼なじみなんだよね?…お願い!バスケ部とご飯行くのセッティングしてくれない!?」
こんなお願いももう幾多と頼まれてきた。
「えっとー、、、それは、その、美勇人本人に聞かないと…」
『俺がどうしたって?』
いつの間にか後ろにいた美勇人が肩に肘をついてきた
「わぁ美勇人くん!あのね今度、バスケ部地区優勝のお祝い食事会しない?」
『お!いいね!わかった、キャプテンに伝えとくわ』
「えっ、、あ、うん、よろしく…」
じゃあね~と去っていく女の子
「…重い」
『あっごめんごめん!ここ置きやすくって』
「もう!バカ美勇人」
『はぁ?なんでだよ』
「さっきの子、美勇人を誘いたかったんじゃないの」
『えっそうなの!?』
「気付いてなかったのか、、、やっぱりバカ美勇人」
『そうならそうって言えばいいのに』
「言えないでしょ!好きな人にそんな…」
『…もしストレートに誘われてたとしたら俺は〇〇がいるからって断ってたと思うけどな』
「…はいはい調子いいんだから。何も奢らないからね?」
『照れてる!?照れてるよね?』
「もー!うるさい!バカ美勇人!」


かわいい、、、、2人実は付き合ってるんです。周りには黙ってるけど。いいね、周りには黙ってるっていうところが!
幼なじみの女の子が作ったミサンガを、美勇人くんは足首にまいてるんですよ。いいな~青春。

 

 

七五三掛龍也と幼なじみだとしたら
『あそこのコンビニいま苺フェアやってるから帰り行こ』
「うん、いいよ~」
なんて言いながら廊下を歩いてると
『あ、あの子かわいい』
「3組の△△さん、彼氏いるよ?」
『あ〜なんだ彼氏いるのか~むしろ燃えない?』
「は?バカなの?」
『おい!(笑)』
「そんな彼女欲しいなら前告白してきた子、オーケーしてあげればよかったじゃん」
『いやいや、俺こう見えて一途だから』
「一途の意味わかってる?(笑)りゅう絶対いつか刺されるよ?」
『こえーーーでも〇〇が守ってくれるんでしょ』
「普通逆だから(笑)」
『そこはどっちでもいいの!』
「はいはい」


…え?終わりましたけど?何か?何か文句あります?(怖)
唯一しめくんのことを〝りゅう〟って呼ぶ女の子でいたかっただけ。
女の子がサバサバした性格だからしめくんも一緒いて楽、みたいな関係。しめくん普通にガールズトーク入ってきそうだし。
ちなみに女の子めっちゃ情報通。

 

 

吉澤閑也と幼なじみだとしたら
小、中、高ともちろん一緒。
閑也くんのお姉さんと自分の兄が同い年ということもあり、家族ぐるみでバーベキューとか昔はよく行ってたりするの。

高校生になったある日、なんとなく一緒に帰っているときに
「閑也聞いたよ、彼女できたんだって?」
『は!?ちげぇよ。彼女っていうか、告られただけ。まだ返事してないから。てか、それがどうかした?』
「…どうかしたって、、あのさ、なんで私と帰ってるわけ?」
『うーん、、なんだろ、この感じ落ち着くんだよね』
とか言われたい。こじらせてる。期待しちゃう。
『…俺付き合うべきだと思う?』
「それは私が決めることじゃないから(笑)」
って言ったら何か言いたそうな顔で『そっか』とだけ呟かれたい。
『お前こそそろそろ彼氏作ったら?』
「余計なお世話です~
あ!ねぇアイス食べたい!閑也付き合って!」
『はいはい、お前のおごりな』
「えっなんでそうなるのよ~」
ってヤイヤイ言い合いしたかった。
コンビニついて、アイス選んでたら
『どうせこれだろ』
って言って、買おうとしてたやつと自分のやつ買ってレジ行くんだよ
『昔っからこれ好きだもんな』
とか言うの…


ん゛ん゛ん゛ん゛!絶対的幼なじみ枠吉澤閑也ぁぁぁあああ(T_T)
なにこの一線越えれそうで越えれなさそうなふたり…泣く…(え

 

 

宮近海斗と幼なじみだとしたら
放課後忘れ物に気付き、教室に取りに帰ると日誌を書いていてる海斗に出くわした
「あれ?今日日直だったっけ?」
『ううん、どうしてもって言われて断れなくて代わった(笑)』
「海斗らしいな~…なにか手伝おっか?」
『ありがとう…じゃあ、黒板消してもらっていい?』
はーい、と言いながら黒板を消しているときに思い切って聞いてみた
「…海斗さ、隣のクラスの阿部くんって知ってる?」
『えっ?あらん?うん、知ってるよ。どうかした?』
「あ〜…えっと…うん、、、今日…告白されちゃって…」
えっ…って絶句する海斗くん
『そっ…か』
「すごく嬉しいんだけど、私阿部くんとあんまり話したことないし…なんで私なのかな…とか…」
『…顕嵐はいいやつだよ。俺が保証する』
「海斗がそこまで言うなら阿部くんはきっといい人なんだね!ありがとう海斗!…ちゃんと向き合ってみる!は~やっぱり持つべきものは頼れる幼なじみだね!」
『あったりまえだろ!また何かあったら俺に言えよ?いつでも話聞くからさ』
「ありがと。…よし、さっさと終わらせて帰ろ!」

 

…宮近くん(号泣)
海斗くんの方がずっと幼なじみに片思いしてるのに、女の子は全然気付いてなくて。
自分の気持ち押し殺して幼なじみの幸せを願うところとか泣ける。。。
あらちかと三角関係こじらせたいだけだった、ごめん。

 

 

阿部顕嵐と幼なじみだとしたら
中学までは一緒に帰ったりしていたけれど、高校に入ってモテ始めた顕嵐くんの隣にいるのは何となく気が引けて。距離を置くようになってたそんなとき、
「ちょっと〇〇、暇ならこれ阿部さん家持って行って」
「え?別にいいけど~…なにこれ?」
「お父さんの実家から送られてきたの!はい!」
と大量のリンゴを持たされ家を出た。

ピンポーン…
と鳴らすとドアが開いて
『はーい、、〇〇じゃん』
「これ、お母さんが持っていけって」
リンゴを手渡すと
『お、ありがとう。俺好きなんだよね~』
「…じゃあね」
と帰ろうとすると、待って!とかけられた声。
『俺さ、なんか気に触ることした?』
気まずそうにうつむく顕嵐くん
「え、いや、、別に、、なんで?」
『だって最近避けられてる気がするから』
「それは、、、ごめん。別に理由はないんだけど」
『けど?』
「なんか顕嵐、近付きにくくなっちゃったな~って。ははっ。知ってる?阿部顕嵐ファンクラブとかあるんだよ?その顕嵐の幼なじみが私なんてさ…」
『何それ関係ないじゃん』
「顕嵐には関係ないかもしれないけど、女子的には関係あるの」
『俺お前のために頑張ってんのに、お前に避けられたら意味無いじゃん』
「…………え?」
『お前に振り向いて欲しくて、慣れない香水つけたり、髪もちゃんとしてんのに、、気付けよ』
って真剣な眼差しで言われたい。
『もうさ、、幼なじみなんてやめない?
↑殺し文句です。

あ〜いい。この日から2人は付き合うことになるんだけど、まぁ前途多難で。(笑)
でも顕嵐くんは大好きな女の子の隣にいれて幸せなんだと思います。

 

 

中村海人と幼なじみだとしたら
『〇〇~!数学の教科書貸して~!』
『〇〇~!今日の帰りクレープ食べにいこー!』
『〇〇~!』
また海人くん来てるよ、ってクラスメイトに教えてもらうのも慣れた。
「ねぇ海人、もう高校生なんだからもっとしっかりしてよ…」
とか言いつつ面倒みちゃう。
周りから中村夫婦って呼ばれてる。

ある日の放課後、
先生に頼まれた雑用でノートを運んでる時、友達と下校しようとしてる海くんと目が合った。すると
『ごめん!先帰ってて!…じゃあな~』
って友達と別れて
『半分持つよ、貸して』
すっと持ってく海くん…
「ありがとう…でも友達よかったの?」
『うん。俺は〇〇の方が大事!』
って言ってにこーって笑うの…ずるい…


こうしてまた海くんがほっとけなくなるループ。

 

 

梶山朝日と幼なじみだとしたら
『〇〇~まだー?先行くよー?』
「待って待って!行く!いってきまーす!!」
とりあえず幼なじみのよしみで、毎朝一緒に登校したい。
朝日くんは学校まで自転車で自分は歩きって設定だから、後ろに乗せてもらって。
『乗ったー?』
「はい乗った!」
『っしゃ行くぞ!』
っていうのをしたい(雑)
朝日くん2人乗りでも余裕で漕いでくれそうだから頼もしい。
たまに「ありがとうあしゃひ~」ってからかったら
『なんだよそれ照れるからやめろって(笑)』
って耳真っ赤にする朝日くん見たい。
授業の調理実習でスイーツ作ったら
とりあえず朝日くんにあげたい。
『あざーーーす!帰り一緒に食べよ!』
「いいけど朝日自転車じゃん(笑)」
『えーそこは〇〇が押してよ』
なんて小競り合いしながら。
(他の女の子からも貰ってそうだけど、それも半分こしそう)
『これ、お菓子のお礼にあげる』
ってチュッパチャプス渡されたい。

 

 

 

…幼なじみ最高かな?
みなさんは誰と幼なじみになりたかったですか?
私は~やっぱり~龍yおしまい